実際アフィリエイトはどのくらい稼げるのか

実際アフィリエイトはどのくらい稼げるのか

実際アフィリエイトはどのくらい稼げるのか

 

こんばんは

夏目です。

 

今回は皆さんが最も気になるであろうことの一つ

実際アフィリエイトはどのくらい稼げるのか

というアフィリエイトの中でもお金の部分にフォーカスしてお話ししていきたいと思います。

 

実際のところいくら稼げるのか?

 

この質問に対して早速結論から言ってしまうと

ピンからキリまでです。

 

より具体的に言えば

個人でやり続けるなら月に数万円から数千万円

てところではないでしょうか。

 

もちろんこれは「稼いでいる人の中で」という条件付きでの話です。

 

実際は月に5000円も稼げていないアフィリエイターが圧倒的に多いのはご存知だと思います。

 

 

「個人で」と付けましたが

法人化を経て会社としてアフィリエイトに取り組んでいる人も

元々は個人やっていた人で節税対策などのために法人化したという人がほとんどです。

 

また、複数の媒体を運営しているトップアフィリエイターになってくると

記事作成などの諸作業を他の人に委託する外注化をしている人もいます。

そうなれば必然的に個人で作業していた時以上の額を稼ぎ出せるのは言うまでもありません。

 

そしてさらに言えば

アフィリエイトでお金を稼ぐうえで

皆さんがこれから追い求めるべき理想形は

好きな時に好きなだけ稼げる

という状態です。

 

これが私が思うアフィリエイターとしての究極形ですね。

 

事実メール一通送るだけで何十万円、何百万円とアフィリエイト報酬が発生する。

なんて人もいます。

 

そしてそれは皆さんでも十分に可能なことなんですよね。

 

さて話が外れましたが

個人で月に数万円から数千万円と幅広いですが

この違いは何か。

 

その違いはズバリ

どのくらい稼いでいきたいか

なんですね。

 

より具体的に言えば

作業時間とアフィリエイトの際に扱う広告

の違いです。

 

順を追って説明していきますね。

作業時間

まず作業時間ですが。
これは正直言うまでもないと思います。
過去の専業アフィリエイターについて解説した記事で
アフィリエイトは「作業すれば作業しただけ稼げる」という話をしました。

専業アフィリエイターのメリット・デメリット

アフィリエイトは働ければ働いただけ際限なく稼ぐことができるビジネスモデルであると同時に
働かなければ稼ぎを生み出すことはできないということです。
もちろんシステムを構築することができればそこまで根を詰めて作業しなくても
安定して収入を得ることができますが
そのシステムを構築するまでに結局時間と労力を費やす必要があるんです。
アフィリエイトはすぐに結果が得られるものではありませんからね。

扱う広告

 

扱う広告に関してですが
ASPに掲載されている広告は本当に多岐にわたっています。
報酬だけの観点で言えば
アフィリエイト報酬が数十円のものもあれば数万、数十万のものもあります。
さらに一つの広告でコンスタントに成約が取れるようになれば
特別単価というものも狙うことができます。
特別単価とは簡単言うと広告主からASPを介して付与される追加報酬のようなイメージですかね。
広告主から特別単価を得られれば
その広告によって得られるアフィリエイト報酬が通常より上がるので
本当にびっくりするぐらい急にアフィリエイト報酬額が上がります。
私も初めて特単を得られた時は売上実績画面を見た時
急激な報酬増加に何が起こったんだとまで思いました。笑
稼ぎやすいと言われている広告についてですが
その時の流行りというものもありますので一概にこれだというのは言えませんが
一般的に稼ぎやすいと言われているのは
稼ぐノウハウなどの情報商材系
エステサロンなどの美容系
クレジットカードなどの金融系
などですかね。このへんはニーズが凄まじいのでまず間違いないです。
もちろん稼ぎやすいということはそれだけ競合が多いと言うことになりますが
だからと言って萎縮することはありません。
なぜならこれは言い換えれば
そのジャンルの市場には大きなお金が存在し動いているということですからね。
つまりそれらのジャンルで集客さえできれば
それだけ多くの報酬を得られるということです。
逆に競合を避けるためにニッチなジャンル(小規模なジャンル)に手を出す
という方法もあります。初心者の方々は結構やりがちです。
確かに競合が少なく成約率は高いので一見妥当なチョイスに思えるかもしれませんが
ニーズが少ないがために大きな稼ぎを生み出すのは正直困難を極めます。
ニーズが少ないということは
そのジャンルの購買意欲がある人の絶対数がそもそも少ないということですからね。
もちろんニッチでなおかつ潜在的にニーズがあるジャンルがあれば
成約率も高く、大きな稼ぎも得られるので理想であるのは間違いないんですが
これはあくまで理想であるということを覚えておいてください。
少なくとも初心者の段階でそんなジャンルを見極めることはまず不可能だと思います。
また
自分の好きなジャンル、秀でているジャンルをメディアに起こした時に
結果的にニッチなジャンルになってしまったという人もいると思います。
そう言う方々は大きく稼ぐことはできないかと聞かれれば
そういうわけでもありません。
そのジャンルで絶対的存在感を誇れるメディアを作りあげることができれば
大きく稼いでいくことも可能です。
人気ジャンルで絶対的存在感を誇るメディアを作り上げるというのは
その競合の多さゆえ無理に等しいのですが
競合の少ないニッチなジャンルであれば無理な話ではないということです
とはいえ最初のうちは背伸びや冒険はせず
稼ぎやすいジャンルで勝負して行くことをおすすめします。
しかしどうしても自分の好きなジャンルで勝負していきたいという方は
無理に選び変える必要はないと思います。
興味の無いジャンルの記事を無理に書き続けるというのは試練でしかないですからね。
まず継続は難しいでしょう。

結論

 

アフィリエイトでどのくらい稼げるかというのは
アフィリエイトに費やせる時間と皆さんが扱う広告によって大きく差がでます。
何百万何千万と稼いで収入の柱にしていきたい。贅沢な暮らしがしたいという人ならば
それだけ多くの時間と労力を費やしていかなければなりませんし
当然扱う広告も吟味していく必要があります。
反対に
本業の給料+お小遣い程度
それほどの贅沢はしなくても値段を気にせず好きなものを買える程度でいいという人であるのならば
全く作業しなくていいとまでは言いませんが
仕組みを構築できてさえいればそれに近い状態でも問題はありません。
このように
結局のところどれくらい稼げるのかというのは
どのくらい稼ぎたいかによって変わってくるんです。
とは言えこれらに共通して言えるのは
はじめのうちはしっかり腰を据えて作業に取り掛からなければいけないということですね。
たとえ少しずつであったとしても
毎日の積み重ねが結果的に最速で稼げるようになることに繋がります。
今回は以上になります。
ありがとうございました。
何か質問等あればお気軽にお問い合わせください。
どんなに些細なことでも構いませんよ。
夏目隼人にメールする
では。
夏目

初心者用解説集カテゴリの最新記事