記事が書けないという人。一回見てください。

記事が書けないという人。一回見てください。

こんばんは。

夏目です。

 

度々お話しさせていただいていますが

私のメディアユーザーさんからの質問で今でもなお圧倒的に多いのが

 

記事が書けません

記事ネタが見つかりません

ネタ切れしてしまいました

 

など、記事執筆の悩みについてです。

 

これについては過去に記事で触れさせていただき

なぜそもそも記事が書けないという状況に陥ってしまうのか。

そしてその状況からの具体的な打開策を紹介させていただきました。


「記事が書けない!」そんな初心者の方々に見て欲しい。


 

しかし未だに「記事がどうしても書けません」というお声をいただきます。

 

正直な話

上記の記事内でも説明させていただいた通り

インプットを怠らずしっかりしてそれを自分の言葉で文字に起こせばそれが

そのまま記事になると思うのですが、、、。

 

それでもこのようなお声を多数いただくということは

記事を書くための具体的なノウハウよりも前に

記事を書くためのマインドに何らかの問題があるということは間違いありません。

 

つまり皆さんの記事を執筆する手を止めているマインドセットを変えていかなければなりません。

 

そこで今回は

記事執筆についての悩みをお持ちの方に向け私なりの考えを踏まえて

解説していきたいと思います。

この記事を読んでいただければ日々の記事執筆に取り組む姿勢が

少なからず良くなることをお約束しますよ。

 

まずそもそも

なぜ日々できることなら書きたくない記事を書き続けなければならないのか

という話ですが

 

ユーザーの悩みを解消し、願望を満たすノウハウや情報を提供して

自分のサイトに価値を見出してもらいアフィリエイトにおいて

必要不可欠であるユーザーとの信頼関係の構築に繋げるため

 

ですよね。

これは度々お話させていただいているのでお分かり頂けていると思います。

 

しかし

ユーザーとの信頼関係の構築がどうとかの話をする前に

私達アフィリエイターが記事を量産しなければいけないより根本的な理由は

 

Googleなどの検索エンジンから高い評価を得て検索順位を上げ

多くのユーザーに自分のサイトに訪れてもらうため

 

に他なりません。

 

どんなに質の高い記事を書いていたって

どんなに質の高いアフィリエイト記事を書いたって

どんなに質の高いメルマガを設置していたって

サイトにユーザーが訪れなければ何も意味をなしませんからね。

 

もっと言えば

サイトにユーザーが訪れないということは稼げないということに直結してしまいます。

 

そうならないためにとまでは言いませんが

より多くのユーザーに自分のサイトへ足を運んでもらうために

日々記事執筆をして行かなければならないということはおわかりいただけたと思います。

(良く言われる記事をバンバン書いてサイトを完成させるというのはこのことです。)

 

これはもう覆りようの無い事実です。

 

とはいえ

もちろん、内容の無い記事でもただひたすらに書き続ければ

検索エンジンから評価を得られるというわけでもありません。

 

 

現在の検索エンジンの最高峰であるGoogleのアルゴリズムの基本原則は

コンテンツイズキング(Content is King)

です。

まぁ要するに

サイトを評価する時にサイト内のコンテンツを重要視しますよ

ということです。

 

皆さんもアフィリエイトの情報発信をしているサイトなどで

質の高い記事を書いてGoogleに評価してもらい検索順位を上げましょう

なんて聞いたことがあるかと思います。

 

コンテンツイズキングというワードこそ知らずとも

ちょっとアフィリエイトについて調べたことがある方なら誰もがご存知のことかと思います。

 

それぐらい初心者など関係なくアフィリエイターに浸透している概念だと言えますよね。

 

しかしこのコンテンツイズキングという概念に対する一種の誤解のようなものが

記事が書けないという悩みを生んでしまっているのも事実なんです。

 

しかもこれに限っては初心者の方々だけでなくトップアフィリエイターであっても

誤解している人がたまにいます。

 

どんな誤解かと言いますと

コンテンツイズキングと聞くと

あたかもユーザーからの満足度が高い

内容が洗練されている質の高い記事をバンバン書かなければならない

みたいな風に思ってしまうかもしれませんが

全くそんなことはありません。

 

まず失礼な言い方をして申し訳ありませんが

初心者の方々が洗練された質の高い記事をバンバン書くなんて不可能です。

(もちろんもともとwebライターなどの物書きをしていたなんて人は別ですが。)

 

にも関わらず

初心者の段階でトップアフィリエイターレベルの記事の質を求めてしまう。

 

だから記事が書けなければ、手も動かない、頭で考えるばかりで行動に移せない

質の高い記事が書けない原因が情報収集不足にあると思いインプットにベクトルが向いてしまう

 

これこそが

初心者の方々が記事が書けないと感じてしまう根本的な原因

であると私は考えています。

 

 

 

それなら初心者の方々はどうしたら良いんだ夏目。私たちは為す術なしか夏目。

という話になってきますがここで初めて

「バンバン記事を更新していく」

ということがフィーチャーされるわけなんです。

 

要するに

質」が無理なら「量」で勝負していく

というイメージでしょうか。

 

私は

コンテンツイズキングには「質」はもちろんのこと

「量」についても判断基準に含まれているのではないかと考えています。

 

事実、ネットサーフィンをしていて

検索順位上位のサイトにアクセスしてみると良い内容の記事を書いてるは書いてるのですが

総合的に見て記事のクオリティ自体はいまいちかなと感じることが多いです。

 

今はまだわからないかもしれませんがこれから記事執筆を続けていけば

皆さんも「ん?」と思うことが出てくることでしょう。

 

要するに

クオリティの高い記事を書かないとGoogleは絶対に評価してくれないなんてことは無い

ということです。

 

もちろん質の高い記事を量産していくことがベストなのは言うまでもありませんが

質の高い記事を求めるがあまり手が止まり結果記事が更新できないなんてことは

まさしく本末転倒です。検索順位うんぬんの前にサイトが育ちません。

 

それよりもしっかりとした情報収集をもとにユーザーの求めるノウハウや情報を着実に配信していく

ということが一番大切です。

 

もちろん全く質を考えずに記事を執筆しろというわけではありません。

ゴミはどんなに集めてもゴミです。

白紙の紙を何枚重ねてもただの紙です。

 

ユーザーが何をを求めているかということは

アフィリエイトの作業においてどんな時も忘れてはいけません。

 

何より皆さんが記事を何十記事、何百記事と更新していけば

記事のクオリティは自ずと上がっていきますしスキルもつくのは間違いないです。

 

初めのうちは「質」にはこだわらず

「質」の高い記事を書けるようになることを見据えて作業していく程度で構いません。

まずは「量」にこだわっていきましょう。

 

そのような心持ちに変えていければ自然と記事が書きやすくなっていき

記事執筆に関する悩みも消えていくはずです。

しっかりとした情報収集を元に記事を書き続けてご自身のサイトを作り上げていってください。

 

今回は以上になります。

ありがとうございました。

 

では。

 

夏目

 

何か質問等ございましたらお気軽にご連絡ください。

夏目隼人にメールを送る


無料講座開講中です。

私がここまで稼げるようになった具体的な戦略から

日々の作業を継続するためのマインドサポートまでぬかりなく仕上げました。

 

漠然としたものではなく具体的に稼ぐためのノウハウを知りたい

サラリーマンや主婦の方など限られた時間の中で最短で稼ぎ出したい

不労所得に近い状態まで持っていけるシステムの自動化について知りたい

そんな方々はぜひ一度ご利用ください。

 

無料ですので暇つぶし程度にでも構いません。

 

→→→夏目隼人の無料講座を受講する

初心者用解説集カテゴリの最新記事